06


Evernote版ScanSnapで書斎の紙を大掃除してみたのでメモ!

ある程度独自の設定をしてあとは全部Evernote任せにできるのでとても楽ちん。
書斎の紙はほとんど駆逐され、クラウド上で検索可能な情報に整理されました。
できないと思ってた自炊もできそうなのでざっくり理由を書いてみたよ。

Evernote版のScanSnapを選択した理由


思い立って、ScanSnapの購入を決意。
今はScanSnap Evernote Editionと言うものがあって、面白そうなのでこちらを選択。
ScanSnap EEのムービーはこんな感じ。



同じiX500なんだけど、amazon価格より1万円ほど高いEvernote版に決めた理由は大きく3つ。
  • スキャンの細かい設定とかめんどくさいのである程度自動でなんとかして欲しかった。
  • スキャンしたものが全部Evernoteに入るのはわかりやすいし、ある程度検索もできて便利。
  • Evernoteのpremium1年分がついてくるので月1Gまでアップロードできる

もちろんソフトウェアがEvernote連動なのでEvernote縛りにはなるけど、個人的にはメリットのほうが大きかった。

今のところは特にEvernoteみたいなサービスで他にこだわって使ってるものがなかったのも理由の一つかも。せっかくだし、いろいろいじってつかいこなしてやんよー!っていう最初だけの勢いは大事。

いろいろ設定して試しに使ってみた


IMG_2999

決済から2日で到着。どーんとでかい箱。

でも、開けてみるとあんまり大きくない。デスクにおいても存在感がないのであんまり違和感はないかも。

IMG_3008


基本的な説明はこのページと動画を参考に。
ScanSnap Evernote Edition スキャナ使い方ガイド

適切なネットワークに繋げばwifi経由でスキャンもできる。ノートにわざわざUSB繋がなくていいのは嬉しい。

ソフトウェアのインストールは簡単で、CDとかいらなくて、ネットから専用のアプリをダウンロードしてくる形式。起動するとカッチョイイ感じのインストーラが起動するので、後はガイダンスに従っていくだけでOK。ここでの設定のほとんどは後から変更できる。

16


完了すると、こんな感じでスキャン用のノートができあがってる。
自動判別でスキャンしたものは「書類」「名刺」「レシート」「写真」のいずれかに判別されてそれぞれの設定が適用されてノートに入る。

16


もちろん、自分でスキャンモードを指定することもできる。


スキャン設定周りの雑感


正直、書類とレシートを一緒にスキャンするなんてシチュエーションはめったにない気がする。
写真とレシート、書類も。名刺は名刺だけでスキャンするよ。大雑把に全部スキャンしても大丈夫だけど自動判別の正解率は8,9割といったところ。調子に乗り過ぎると紙詰まりしたり、特に長いレシートなんかは紙が斜めになって破れたりする。

なので、普段使いの場合はスキャンする前にモードを自分で指定して使うほうが賢いかも。

大きな領収書は自動判別するとだいたい「文書」になる。鉄道系の領収書なんかはだいたい「名刺」になる。これも事前にモードを自分で指定する理由の一つかもしれない。

設定で独自にいじろうと思った箇所としては、レシートはよっぽどこだわりがない限り画質をノーマルにした方がいい。画像がでかくて全体が見えなくなってスクロールしなくちゃいけなくなって残念なことになる。

ScanSnap Evernote Editionでの自炊は可能


結論から言うと、ScanSnap Evernote Editionだからといって、書籍の電子化、いわゆる自炊ができないわけではない。
月1Gしかアップロードできないから、ガンガン自炊する人はここが気になるところだと思う。

これは、設定次第でEvernoteのノートと同期させないこともできる。
スキャンモードを固定して、保存先のノートをローカルノートにすればいい。
こうすればアップロード領域とか考えずにガンガン自炊しても大丈夫そう。

自炊する際にちょっと設定をいじればOKなので、ものすごく細かいスキャン設定ができると言われているiX500にはかなわないけど、自炊自体は可能である。

自炊はできないとかウェブで見たので、一応↑のようにすれば大丈夫そうってことだけメモ。
実際にちゃんと自炊したらまとめようと思う。


まとめと感想


とりあえず邪魔な書類は全部電子化出来ました。ついでにタグもつけて、書類ごとに仕分けたり、時代の地層ごとに仕分けたりといろいろ検索しやすく整理して保存しています。

結果、45Lゴミ袋1袋分の紙類を捨てることができてだいぶ大掃除した感があって気持ちいい!
まだ一日しか使ってないので、これからEvernote共々使い込んでいこうと思います。
いい買い物したー!